スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
あすのための心配は無用

...do not worry about tomorrow, for tomorrow will worry about itself. Each day has enough trouble of its own. (Matthew 6:34)

・・・あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。(マタイ6:34)


上記の英訳は、New International Version (NIV) からの引用ですが、参考までに、New Living Translation (NLT) の英訳もご紹介します。

...don't worry about tomorrow, for tomorrow will bring its own worries. Today's trouble is enough for today.


NIV、NLT の両方で、最初の部分は「明日について心配するな」と訳されていて、これについては説明の必要はないと思います。次の "for" 以下の部分は、NIV では「なぜなら、明日がそれ自身について心配するであろうから」と訳されていて、これは日本語訳の「あすのことはあすが心配します」と大体同じです。これだけでは何のことかわかりにくい、と思われる方が多いと思いますが、そのような方は NLT の英訳を読んでみるとよりよく理解できるかもしれません。NLT の英訳を日本語に直訳すると、「なぜなら、明日がそれ自身の心配を持ってくるであろうから」となります。最後の部分は NIV では、「それぞれの日がそれ自身の十分な労苦を持っている」と直訳できますが、これも日本語訳とほとんど同じです。ちなみに文語訳では、「一日の苦労は一日にて足れり」となっているそうです。これも少しわかりにくいかもしれませんね。NLT の英訳を見てみると、「今日の労苦は今日のためには十分です」というふうになっています。つまりは、「今日労苦しなければならないことが十分にあるのだから、明日のことまで心配するのはやめなさい」ということだと思います。

わかってはいても、ほとんどの人は将来のことを思い煩うのをやめることができないのではないかと思われます。全てを主にゆだねることのできるような信仰を持ちたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/07/07 21:06】 | マタイの福音書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<急ぎ足の者はつまずく | ホーム | 神から離れて・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bibleverses.blog80.fc2.com/tb.php/70-68ce405e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。