スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
イザヤ書53章10~12

Yet it was the LORD's will to crush him and cause him to suffer,
and though the LORD makes his life a guilt offering,
he will see his offspring and prolong his days,
and the will of the LORD will prosper in his hand.
After the suffering of his soul,
he will see the light of life and be satisfied;
by his knowledge my righteous servant will justify many,
and he will bear their iniquities.
Therefore I will give him a portion among the great,
and he will divide the spoils with the strong,
because he poured out his life unto death,
and was numbered with the transgressors.
For he bore the sin of many,
and made intercession for the transgressors. (Isaiah 53: 10~12)

しかし、彼を砕いて、痛めることは
主のみこころであった。
もし彼が、自分のいのちを
罪過のためのいけにえとするなら、
彼は末長く、子孫を見ることができ、
主のみこころは彼によって成し遂げられる。
彼は、自分のいのちの
激しい苦しみのあとを見て、満足する。
わたしの正しいしもべは、
その知識によって多くの人を義とし、
彼らの咎を彼がになう。
それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、
彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。
彼が自分のいのちを死に明け渡し、
そむいた人たちとともに数えられたからである。
彼は多くの人の罪を負い、
そむいた人たちのためにとりなしをする。(イザヤ53:10~12)

いよいよイザヤ書53章の最後の部分です。英訳の2行目の"cause him to suffer"は、新改訳聖書では「痛める」と訳されていますが、この英語は「彼を苦しませる」という意味です。英訳の2~4行目の意味は、日本語訳とはずいぶん違うように思われます。直訳すると、「そして主は彼のいのちを罪過のためのいけにえとしたが、彼は自分の子孫を見て、自分の日々(寿命)を延ばす(長くする)であろう、そして主のみこころ(意志)は彼の手の中で成し遂げられる("prosper"の文字通りの意味は「繁栄する、栄える」)。」となります。どちらの方がヘブル語の原文に近いのか、ぜひ知りたいところです。

英訳の次の2行も、日本語訳とはずいぶん意味が違うようです。この2行は、「彼の魂の苦しみのあとに、彼はいのちの光を見て満足するであろう」という意味です。もっとも、写本によっては"of life"は書かれていないそうですので、その場合は、「~彼は光を見て満足するであろう」となります。次の2行は日本語訳とほぼ同じ意味だと思います。

次の"Therefore"からも日本語訳とは意味が異なるところがあります。ここからを日本語に直訳してみますと、「それゆえ、わたしは偉大な者たちの間で彼に分け前を与えるだろう、そして、彼は強者たちといっしょに分捕り物を分け合うだろう。なぜなら彼は自分のいのちを死の上に注ぎ出し、そむいた人たちとともに数えられたからである。」となります。これはいったいどういうことなのか、と思いますが、私が借りている「イザヤ書第53章」という本にもはっきりしたことは書いてありませんでした。どなたか詳しい方がいらっしゃったら、ぜひこの部分の解釈をしていただきたいものです。

最後の2行も英訳と日本語訳では少しだけ意味が違います。英訳は"For"で始まっていますが、これは「なぜなら」という意味です。この2行を直訳すると、「なぜなら彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをしたからである。」となります。日本語訳の時制が現在であるのに対し、英訳は過去形になっています。いったいこの違いは何を意味するのでしょうか。

何だか疑問点だらけの説明になってしまいました。コメントを通して色々教えていただければ嬉しく思います。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/04/05 16:27】 | イザヤ書53章 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<パウロの告白 その1 | ホーム | ブログの新規開設>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bibleverses.blog80.fc2.com/tb.php/52-96dda53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。