スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Your sins are forgiven.
 私が初めて英訳聖書を読んだときに特に印象に残ったのは、今回のタイトルにした聖句です。"Your sins are forgiven."はイエス・キリストの言葉で、マタイ9:2、マルコ2:5、ルカ5:20に出てきます。
 マタイの福音書には、このように書かれています。今回は、日本語訳だけを見てみましょう。

 イエスは舟に乗って湖を渡り、自分の町に帰られた。すると、人々が中風の人を床に寝かせたままで、みもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は*赦された」と言われた。

*直訳「赦されている」 (マタイ9:1,2)

 最後の「あなたの罪は赦された」が、英訳では"Your sins are forgiven."になっています。この現在形は「状態」を表します。ここでは、罪が「赦されている」状態を示しますので、注に書かれている直訳のほうが英訳のニュアンスに近いと思います。
 実は、初めて"Your sins are forgiven."という言葉を読んだとき、私もイエス・キリストに"Yoursins are forgiven."と言っていただきたい、と強く思ったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/13 20:47】 | マタイの福音書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<「心は燃えていても、肉体は弱い」 | ホーム | ヨブ記2章10節>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bibleverses.blog80.fc2.com/tb.php/22-bcd08069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。