スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
詩篇23篇(3)
 今回は、詩篇23篇の最後の2節を読みます。

You prepare a table before me
in the presence of my enemies.
You anoint my head with oil;
my cup overflows.
Surely goodness and love will follow me
all the days of my life,
and I will dwell in the house of the Lord forever.

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、
私の頭に油をそそいでくださいます。
私の杯は、あふれています。
まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと
恵みとが、私を追って来るでしょう。
私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。

 前節まででは主は羊飼いにたとえられていましたが、この2節では客を迎える主人にたとえられています。
 まず、英訳の最初の2行を見てみましょう。1行目の"table"は「テーブル」ではなくて、レストランや家で出される食事のことです。2行目の"inthe presence of my enemies"は、詩人が敵のすぐ近くにいる、つまり敵が目の前に迫っている状況を表します。
 英訳の3行目の"anoint"は、聖書に頻出する単語で、「油をそそぐ」という意味です。頭に油をそそぐ、というのは客を迎えるときの歓迎の行為です。ちなみに「キリスト」はヘブル語で「メシヤ」ですが、この語のもともとの意味は、"anointedone"、つまり、「油をそそがれた者」だそうです。イスラエルでは国王が任命されるときに頭に油がそそがれたことが旧約聖書に書いてありますが、この儀式には、神によって聖別される、という意味合いがあったそうです。ですからイエス・キリストは父なる神によって聖別されていることになります。
 英訳の5行目の"goodness"は"good"の名詞形ですので、「恵み」と訳すこともできると思います。"love"はもちろん「愛」ですが、日本語訳では「いつくしみ」になっています。6行目の"allthe days of my life"は直訳すると「私の人生のすべての日に」ですが、日本語訳のように「私のいのちの日の限り」にしたほうがが詩的な表現になります。
 最終行の"forever"は「永遠に」ですが、日本語訳では「いつまでも」になっています。それから、この行の"will"は5行目の"~willfollow"の"will"のような、単に未来のことを表す"will"ではありません。これは詩人の意志、つまり、「~しよう」という気持ちを表します。

 詩篇23篇は今回で終わりです。次回は、入院中に思い出したヨブ記の聖句を取り上げようかと思っていますが、もしかしたら気が変わって変更するかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/01/30 22:00】 | 詩篇 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ヨブ記2章10節 | ホーム | 詩篇23篇(2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bibleverses.blog80.fc2.com/tb.php/20-bdb4d19f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。