スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
聖書に由来する英語のイディオム(7)
イディオムその7 By the Skin of Your Teeth

 このイディオムは、英和辞典を引くと、「かろうじて」、「危ないところで」と訳されています。ODE (Oxford Dictionary ofEnglish)には、次のような用例が載っています。
I only got away by the skin of my teeth.
       (かろうじて逃れただけだ)
 実は、このイディオムは聖書で使われている意味とは全く違う意味になってしまっています。New International Versionの英訳と、新改訳聖書を読んでみましょう。
I am nothing but skin and bones;
I have escaped with only the skin of my teeth. (Job 19:20)

私の骨は皮と肉とにくっついてしまい、
私はただ歯の皮だけで逃れた。(ヨブ19:20)
 英訳の1行目の、"nothing but"の"but"は"except"(~を除いて)と言う意味ですので、1行目を直訳すると、「私は皮と骨を除けば何もない」となり、「私は骨と皮だけになってしまった」という意味になります。ヨブの苦難があまりにも大きく、すっかりやせ細ってしまったことを表わします。
 2行目の日本語訳は、英訳と逐語訳的に対応しています。ヨブはすべてを失い、彼に残されているものは「歯の皮だけ」なのです。「かろうじて」逃れた、という意味ではないことは明らかですね。

 次回からはイディオムではなく、何か聖句を選んでご紹介したいと思っています。最近は更新が一週間に一回程度になってしまっていますが、お付き合いいただければ、大変うれしいです。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/27 21:39】 | イディオム | トラックバック(0) | コメント(2)
<<『ヨハネの福音書』 3章16節 | ホーム | 聖書に由来する英語のイディオム(6)>>
コメント
足跡からやって来マシタッ☆
(´・ω・`)ノ☆*゚*゚+.゚ワタシつけ麺デス゚+.゚☆*゚*

良かったらマタ来てくだしゃい.:♪*
しゃいしゃい.。.:*・゜゚・


(((((((っ・ω・)っ ブーン でゎ
【2006/12/04 00:39】 URL | つけ麺 #-[ 編集]
つけ麺様

Thank you for coming to this website!

このサイトに来てくださって、ありがとうございます。
【2006/12/04 19:41】 URL | crape myrtle #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bibleverses.blog80.fc2.com/tb.php/13-47453581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。