スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Song of Songs

Let him kiss me with the kisses of his mouth -
for your love is more delightful than wine. (Song of Songs 1:2)

あの方が私に
口づけしてくださったらよいのに。
あなたの愛はぶどう酒よりも快く、(雅歌1:2)


実はこれが、私が初めて英語で読んだ聖句のように思われます。しかも、この聖句の1行目は、あまりにも印象が強烈だったので、すぐに覚えてしまいました。

日本語では「雅歌」と訳されているこの巻は、英語では、"Song of Songs (歌の中の歌)"あるいは"Song of Solomon (ソロモンの歌)"と呼ばれています。ノーベル文学賞を受賞した黒人の女流作家、トニ・モリソンの作品に、"Song of Solomon"というのがあり、私はアメリカから帰国する前に購入したのですが、いまだに読んでいません。

上記の英訳は、日本語に直訳すると、日本語としてはかなり不自然になりますが、「彼の口のキスで私にキスすることを彼に許可してください - なぜなら、あなたの愛はワイン(ぶどう酒)よりも喜ばしいから」となります。この聖句を読んだとき、私はまだクリスチャンではありませんでしたが、こんなに大胆な句が聖書にあると知って驚きました。

「新改訳聖書」の解説によると、雅歌は人間の男女の愛の賛歌だそうです。聖書は決して男女の愛を否定してはいない、と書いてあります。ただ、子供のころから教会に通っていたというアメリカ人も、「教会では皆が雅歌のことを語るのを避けていた」と言っていましたし、私も教会に行き始めてから4年以上になりますが、「雅歌」についての礼拝メッセージは聞いたことがありません。三浦光世氏も三浦綾子氏に「雅歌だけはあまり読みません」と言っていたそうです。聖書の中で、雅歌だけはあまり触れられることのない巻のようです。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/08/06 22:08】 | 雅歌 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。