スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
喜んで与える人

Remember this - a farmer who plants only a few seeds will get a small crop. But the one who plants generously will get a generous crop. You must each decide in your heart how much to give. And don't give reluctantly or in response to pressure. "For God loves a person who gives cheerfully." (2 Corinthians 9:6-7)

私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。(2 コリント 9:6ー7)

パウロはここより前の箇所で、献金について述べています。実は、私が以前、特別献金の金額をどうしようか、最初に頭に浮かんだ額よりも少なくしようかな、と考えているときに繰り返し浮かんできた聖句がこれでした。それで、やっぱり最初に頭に浮かんだ金額の献金をすることに決めたのでした。

英訳の最初の文は、「このことを覚えておきなさい。たった数個の種を蒔く農夫は、少しの収穫を得るでしょう。しかし、たくさん蒔く者は、有り余るほどの(generous)収穫を得るでしょう。」という意味です。次は、「あなたがたひとりひとりが、心の中で、いくら(どのくらい)与えるかを決めなければなりません。そして、いやいやながら (reluctantly) あるいは 圧力に応えて(in response to pressure)与えないでください。」です。「圧力に応えて」というのは、日本語訳の「強いられて」に当たります。最後の文は、「なぜなら神は、すすんで(喜んで、快活に;cheerfully)与える人を愛してくださるからです。」

今後しばらく、神の愛についての聖句をご紹介したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/08/17 21:36】 | コリント人への手紙 第二 | トラックバック(0) | コメント(0)
金銭を愛すること

After all, we brought nothing with us when we came into the world, and we can't take anything with us when we leave it. So if we have enough food and clothing, let us be content.
But people who long to be rich fall into temptation and are trapped by many foolish and harmful desires that plunge them into ruin and destruction. For the love of money is the roof of all kinds of evil. (1 Timothy 6: 7~9)

私たちは何一つこの世に持ってこなかったし、また何一つ持って出ることもできません。衣食があれば、それで満足すべきです。金持ちになりたがる人は、誘惑とわなと、また人を滅びと破滅に投げ入れる、愚かで、有害な多くの欲とに陥ります。金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。(1テモテ6:7~9)


英訳の最初の文は、「結局、私たちは、この世に来るときに何も持ってこなかったし、そこ(この世)を去るときに何も持っていくことはできない」という意味です。次の文は、「だから、もし私たちが十分な食べ物と衣類を持っていたら、満足しましょう」で、「満足すべきです」という日本語訳とは少しニュアンスが違うようです。

次の段落の最初の文は、「しかし、金持ちになることにあこがれる人々は、誘惑に陥り、堕落と破滅に彼らを投げ入れる愚かで有害な多くの欲望によってわなにかかる」という意味です。"ruin"は「堕落」または「破滅」ということで、"destruction"と大体同じ意味です。"trap"という動詞が受け身で使われていますが、これは、「わなにかかる(はめられる)、逃げ場を失う、抜き差しならない状況に追い込まれる」という意味です。次の文は、「なぜなら、お金を愛することが、あらゆる種類の悪の根だからです。」ということです。

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/08/07 15:04】 | テモテへの手紙 第一 | トラックバック(0) | コメント(0)
永遠の愛

I have loved you with an everlasting love;
I have drawn you with loving-kindness. (Jeremiah 31:3)

「永遠の愛をもって、
わたしはあなたを愛した。
それゆえ、わたしはあなたに、
誠実を尽くし続けた。(エレミヤ31:3)


「わたし」というのは神のことです。「あなた」はこの聖句がある文脈ではイスラエルの国民のことですが、私たち1人1人のことだと考えてもいいと思います。

英訳の1行目の"everlasting"は、「いつまでも(ずっと)続く」、つまり「永遠の」という意味ですから、英訳の1行目は日本語訳の1,2行目に対応しています。"I have loved"という現在完了形が使われていますから、「昔から今までずっと愛してきた」という意味になります。

英訳の2行目を直訳すると、日本語訳の3,4行目とはずいぶん違う訳になります。動詞の"draw"は「引き寄せる」という意味で、"loving-kindness"はWebster Online Dictionaryによると、"tender and benevolent affection"(やさしさと善意に満ちた愛情)という意味です。「英辞郎」では「親愛」、「慈愛」、「慈しみ」と訳されています。ですから2行目を直訳すると、「慈愛をもって私はあなたを引き寄せた(現在完了形だということを考慮に入れると、「引き寄せ続けた」)」となりますが、「誠実を尽くし続けた」とは違う印象ですね。旧約聖書の原典のヘブル語ではどう表現されているのだろうと疑問に思うのはこんなときです。

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/08/01 21:14】 | エレミヤ書 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。