スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
怒りをおそくする者

Better a patient man than a warrior,
a man who controls his temper
than one who takes a city. (Proverbs 16:32)

怒りをおそくする者は勇士にまさり、
自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。(箴言 16:32)


今日いただいたカードに書いてあった聖句です。

英訳には、省略されている単語がいくつかあります。また、倒置されている箇所もあります。

まず、1行目は、通常の語順では、"A patient man is better than a warrior."になりますが、ここでは"better"は強調のために文頭に置かれ、さらに、"is"が省略されています。"patient"という語をOxford Dictionary of Englishで引くと、"able to accept or tolerate delays, problems, or suffering without becoming annoyed or anxious"と書いてありました。つまり、「遅延、問題や苦しみを、いらだったり不安になったりすることなく受け入れることができること」です。"warrior"はただ単なる「兵士」ではなく、"a brave or experienced soldier or fighter"(勇敢な、または、経験豊かな兵士または戦士」で、「勇士」という日本語訳は適当だと言えます。1行目の英語を日本語に直訳すると、「問題をいらだつことなく受け入れることができる人は、勇士よりも優れている」というふうになります。"a patient man"は日本語訳の「怒りをおそくする者」とは少しニュアンスが違うようですね。

2,3行目にも省略されている単語があります。省略されている単語を補うと、"A man who controls his temper is better than one who takes a city."となります。"control his temper"は、怒りたくなっても、自分の心をコントロールして平静さを保つ、というような意味です。"A man who controls his temper"は日本語訳では「自分の心を治める者」となっていますが、適訳だと思います。"one who takes a city"の"one"は"a person"と言い換えられます。ですから、"one who takes a city"は「町を取る者、占領して支配下に置く者」ということになります。
スポンサーサイト

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/06/15 16:39】 | 箴言 | トラックバック(0) | コメント(0)
すべての営みには時がある

There is a time for everything and a season for every activity under heaven: (Ecclesiastes 3:1)

天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべての営みには時がある。(伝道者の書 3:1)


最近ある人からいただいたメールに「天が下ではすべてのわざには時がある」と書いてあったのにヒントを得て、今回は上記の聖句を選びました。実はこの後に、第3章2節から8節まで、"a time to be born and a time to die."(生まれるのに時があり、死ぬのに時がある)のように、"a time to..."という句が続くのですが、長くなるため、今回は上記の1節だけを取り上げることにしました。聖書をお持ちの方は、第3章8節までをぜひお読みください。

まず、英語訳を見てみましょう。"and"の前までは比較的簡単で、「すべてのことには時がある」という意味です。"and"の後ろの"season"は「季節」という意味ではありません。Oxford Dictionary of Englishによると、"a proper or suitable time"(適切な時、ふさわしい時)ということです。ただし、これは古い用法だそうです。次の"activity"は日本語訳の「営み」に当たります。コウビルド英英辞典には、"something that you spend time doing"と書いてあります。"heaven"は"paradise"の同義語で、神様がいらっしゃる場所のことです。日本語訳で「天」になっているこの語は、正確には「神の国」を指すことになります。まとめますと、上記の英語訳は、「神の支配下では、全てのことにはふさわしい時がある。」という意味だと思います。

私が持っている新改訳聖書の注釈には、「人生におけるすべての出来事には、神によって定められた時がある。」と書いてありました。ということは、日本語訳の「定まった時期」というのは、「神によって定められた時期」と言い換えることができるでしょう。

上記の聖句に関連した聖句に、「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」(伝道者の書3:11)というのがあります。以前このブログで取り上げて解説しましたので、下記をクリックして読んでいただければ有り難いと思います。

神のなさることは・・・

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/06/08 15:45】 | 伝道者の書 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。