スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
主の祈り(2)
 前回、主の祈りの前半部分を読みましたが、今回はその続きで、後半部分を読みます。「マタイの福音書」6章11~13節を、英語と日本語で読んでみましょう。

Give us today our daily bread.
Forgive us our debts,
as we also have forgiven our debtors.
And lead us not into our temptation,
but deliver us from the evil one.'
(for yours is the kingdom and the power and the glory forever. Amen.)


私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
私たちの負いめをお赦しください。
私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕


 まず、英語訳の1行目を見ます。最後の単語"bread"は、ここでは文字通りの「パン」という意味ではなく、比喩的に使われています。Oxford Dictionary of English (ODE) には、"the food that one needs in order to live"、つまり、「生きるために必要な食物」と説明されています。日本語訳では「糧」になっていますが、これは「食糧」のことです。「私たちに必要な、毎日の食べ物をお与えください」という祈りです。

 2行目の"debts"は、通常は「借金、負債」という意味ですが、これも1行目の"bread"と同様に、比喩的な意味と考えていいでしょう。前回ご紹介した文語訳では、「罪」と訳されています。新改訳聖書の注釈には、「当然支払うべきものを支払わないこと。罪の現実を指す。」と書いてありますので、「罪」と訳してもいい単語だと思います。

 3行目の"as"に当たる表現は、上の日本語訳にはありませんが、文語訳では、「~ごとく」と訳されています。口語に直すと、「~ように」です。

 4行目の"temptation"は、普通「誘惑」と訳される単語です。これは、ODEをひくと、"the desire to do something, especially something wrong or unwise"(特に、間違ったことや賢明でないことをしたいという欲望)という語釈が載っています。"temptation"の前の"our"には、「私たちが陥りやすい誘惑」というような意味合いが込められているように思います。"lead
us not into~"は、「私たちを(誘惑)の中に導かないでください」ということです。

 英語訳の5行目の"the evil one"は日本語訳では「悪」となっていますが、直訳すると「悪い者」で、しかも"the"がありますから、特定の一人を指します。おそらく、サタンを指すと思われます。"deliver"は多義語ですが、ここでは"rescue"または"save"と同じ意味で、「救う」と訳せます。

 カッコに入っている最後の文は、写本によっては書かれていないものがあるそうです。英語訳の文頭の"for"は理由を表し、「なぜなら」という意味です。その後ろは倒置構文で、主語は"is"の後にあります。"the kingdom"は"the"が付いていることからもわかるように特定の「王国」、すなわち神の国を指します。"glory"は、"praise,worship, and thanksgiving offered to God" で、「神に捧げられる賛美(たたえること)、崇拝、感謝」です。

 "Time flies."(「光陰矢のごとし」)ということわざの通り、あっという間に大晦日になってしまいました。このブログを読んでくださっている皆様に感謝いたします。皆様、良いお年をお迎えください。来年の最初は、詩篇23篇を読みたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/31 22:38】 | 主の祈り | トラックバック(0) | コメント(0)
主の祈り(1)
 今回からは、有名な「主の祈り」を2回に分けて読んでみます。教会で唱えられている「主の祈り」にはいくつかのバージョンがあるそうですが、文語訳のものが最も一般的だということです。

天にまします我らの父よ。
願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を今日も与えたまえ。
我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。
我らを試みに会わせず、悪より救い出だしたまえ。
国と力と榮えとは、限りなく汝のものなればなり。アーメン。

 
 最初の4行は、神と、神の国に関する祈りで、5~7行目は人間と地上のことに関する祈りです。これは、イエス・キリストが「こう祈りなさい」と弟子たちに教えられた祈りで、『マタイの福音書』6章9~13節に書かれていますが、『ルカの福音書』11章2~4節にも似たような祈りが載っています。 
 
 今回は、New International Versionと新改訳聖書の、神と、神の国に関する祈りの部分を比較してみましょう。
...続きを読む

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/25 21:05】 | 主の祈り | トラックバック(0) | コメント(0)
ヨハネの手紙 第一 3章16節
 前回の、「ヨハネの福音書」3章16節と並んで、聖書の核心といわれている節を取り上げます。
This is how we know what love is: Jesus Christ laid down his life for us. And we ought to lay down our lives for our brothers.

キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちにがわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。

 英訳の冒頭の"This"は、この文では、コロン(:)の後ろの"Jesus Christ"から"us"までの文を指します。コロンの前の文を直訳すると、「このようにして、が何であるか(どのようなものであるか)を私たちは知っています。」になります。"know"は現在形で、現在の状態を表わしますので、日本語訳の「わかった」とは異なるニュアンスになります。コロンは"that is (すなわち)"と言い換えることができます。
 次の"lay down his life for ~"は、何冊もの辞書を引きましたが、載っている辞書が非常に少なかったです。日常的にはあまり使われない表現のようです。コウビルド英英辞典の説明が、この文脈には一番合っていますので、以下に引用します。
If someone lays down their life for another person, they die so that the other person can live.

 つまり、「他の人が生きられるように(他の人を生かすために)死ぬ」ということです。イエス・キリストは、私たちを生かすために、すなわち、私たちに命を与えるために死んだ(いのちを捨てた)ので、それで私たちはがどのようなものであるかを知っている、というのが、英訳の1つ目の文の意味です。

 2つ目の文の最初の"And"は、ここでは、日本語訳の「ですから」に相当します。私たちは、"our brothers"を生かすために、自分のいのちを捨てるべきだ、というのです。"brother"には、宗教などが同じである者、という意味もあり、英訳の最後の"brothers"は、クリスチャンの仲間たち、という意味になります。"ought to"は通常、「~べきだ」と訳されますが、厳密に言うと、そうすることが道徳的に正しい、という意味で使われます。クリスチャンの仲間たちのためにいのちを捨てることが正しいことだ、とヨハネは言っていることになります。

 次回からは、私が好きな聖句をランダムに取り上げることになりそうです。もし、このブログで取り上げてほしい、という聖句がありましたら、コメント欄にお書きください。必ずご要望にお答えします。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/18 21:46】 | ヨハネの手紙 第一 | トラックバック(0) | コメント(0)
『ヨハネの福音書』 3章16節
 長らくご無沙汰していて、大変申し訳ございませんでした。気がついたら、前回更新してから2週間以上が過ぎていました。先週までは色々と忙しくて更新できずにいたのですが、今週に入っても、なかなか更新できなかったのはなぜなのか・・・それはともかく、今回からは有名な聖句をいくつか取り上げていきたいと思っております。
 
 今回取り上げる、『ヨハネの福音書』3章16節の最初の文(日本語訳の方)は、大学時代に、敬虔なクリスチャンの友人が教えてくれました。もっとも、その言葉が何を意味するのかは、当時の私には全然わかりませんでしたが。この3章16節と、次回に取り上げる予定の『ヨハネの手紙第一』3章16節は、聖書の核心だそうです。
  "For God so loved the world that he gave *his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
*Or "his only begotten Son"

 神は、実に、その*ひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠の命を持つためである。
*すなわち「独自の(比類のない)御子」

 英訳では、この聖句はイエス・キリストのみことばだと解釈されていますが、新改訳聖書の注釈には、福音書記者(ヨハネ)の解説だと書かれています。ただ、新改訳聖書の注にも、キリストのみことばの引用は21節の終わりまでとして訳すこともできる、と書いてありました。
 英訳では、前節までのキリストのみことばの続きとして訳されていますので、冒頭に理由を表わす"For"があります。つまり、前節のみことば(that everyone who believes in him may have eternal life. 「それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠の命を持つためです。」)の理由が16節で述べられている、という解釈です。「人の子」は、イエス・キリストご自身のことです。
 英訳は1つの文になっていて、皆さんも学校で習ったおなじみの「so~that構文」です。ただこの文では、so~thatのthatが1つではなく、2つになっています。
 "one and only"は"unique"と同じ意味で、日本語訳の注にある「独自の(比類のない)」と訳すのが適当です。
 英訳の注の"begotten"は"beget"の過去分詞形で、ここでは受身の意味になります。"beget"は古めかしい語ですが、コウビルド英英辞典には、"When a man begets a child, he becomes the father of that child." (子供の父親になること)とあります。ですから、"his only begotten Son"は、「父なる神の唯一の息子」、しかも"Son"は大文字ですので、固有名詞的な意味合いになり、特別な息子、というニュアンスになります。この英訳は、「その(神の)ひとり子」という日本語訳に近いと思います。この"Son"はもちろん、イエス・キリストを指します。
 英訳の前半の部分を日本語に直訳すると、「なぜなら、神は非常に世界(すなわち我々人間)を愛されたので、比類のない御子をお与えになった(からである)」のようになります。
 続きの"that"の後ろを見ると、これは"not~but"の構文ですので、「彼(御子)を信じる者は誰でも、死ぬのではなく、必ず永遠の命を持つ」ということです。"shall"はここでは強い断言をあらわします。"perish"は"die"と同じ意味です。
 前半の部分とつなげると、「なぜなら、神は非常に世界(すなわち我々人間)を愛されたので、比類のない御子をお与えになり、(神は非常に世界(すなわち我々人間)を愛されたので、)彼(御子)を信じる者は誰でも、死ぬのではなく、必ず永遠の命を持つようにされたからである。」という訳になります。新改訳と比べてみると、意味がよりはっきりわかるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/13 21:24】 | ヨハネの福音書 | トラックバック(0) | コメント(2)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。