スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
聖書に由来する英語のイディオム(7)
イディオムその7 By the Skin of Your Teeth

 このイディオムは、英和辞典を引くと、「かろうじて」、「危ないところで」と訳されています。ODE (Oxford Dictionary ofEnglish)には、次のような用例が載っています。
I only got away by the skin of my teeth.
       (かろうじて逃れただけだ)
 実は、このイディオムは聖書で使われている意味とは全く違う意味になってしまっています。New International Versionの英訳と、新改訳聖書を読んでみましょう。
I am nothing but skin and bones;
I have escaped with only the skin of my teeth. (Job 19:20)

私の骨は皮と肉とにくっついてしまい、
私はただ歯の皮だけで逃れた。(ヨブ19:20)
 英訳の1行目の、"nothing but"の"but"は"except"(~を除いて)と言う意味ですので、1行目を直訳すると、「私は皮と骨を除けば何もない」となり、「私は骨と皮だけになってしまった」という意味になります。ヨブの苦難があまりにも大きく、すっかりやせ細ってしまったことを表わします。
 2行目の日本語訳は、英訳と逐語訳的に対応しています。ヨブはすべてを失い、彼に残されているものは「歯の皮だけ」なのです。「かろうじて」逃れた、という意味ではないことは明らかですね。

 次回からはイディオムではなく、何か聖句を選んでご紹介したいと思っています。最近は更新が一週間に一回程度になってしまっていますが、お付き合いいただければ、大変うれしいです。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/27 21:39】 | イディオム | トラックバック(0) | コメント(2)
聖書に由来する英語のイディオム(6)
イディオムその6 a (the) Fly in the Ointment

"a (the) fly in the ointment"は直訳すると、「軟膏の中のハエ」になります。これは、「成功や楽しみをぶち壊しにする小さな欠点」のことで、「玉にきず」に近い意味です。このイディオムの出典は、旧約聖書の『伝道者の書』です。

As dead flies give perfume a bad smell,
so a little folly outweighs wisdom and honor.(Ecclesiastes 10:1)


死んだはえは、
調合した香油を臭くし、発酵させる。
少しの愚かさは、知恵や栄誉よりも重い。(伝道者10:1)


上記の英訳はNew International Versionのものです。1行目の"perfume"(香水、香料)は、別の英訳バージョンでは"ointment"と訳されているようです。また、「調合した」と「発酵させる」に当たる表現が英訳にはありません。これは訳し忘れたのでしょうか。ヘブル語の原文と照合して確認したいところですが、残念なことに、私はヘブル語を知りません。

ここで、"perfume"または"ointment"の中の「死んだはえ」(dead flies)は、「少しの愚かさ」(a little folly)のたとえであることは明らかです。2行目の"outweighs"は日本語訳では「重い」になっていますが、これは適訳だと思います。この文脈から考えると、現在使われている"a (the) fly in the ointment"というイディオムは、もともとの意味とはかなり違うことがわかります。

聖書に由来する英語のイディオムが、もともとの意味とはかけ離れた意味になってしまっている例はほかにもあります。次回はそのようなイディオムをご紹介したいと思います。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/20 22:16】 | イディオム | トラックバック(0) | コメント(0)
聖書に由来する英語のイディオム(5)
 イディオムその5 A Labor of Love

 "a labor of love"というイディオムは、"a task done for pleasure, not reward(報酬のためではなく、喜びのためにする仕事、つまり好きでする仕事)"という意味で、次のような使い方をします。

 Writing this book has been a great pleasure, a true labor of love.
この本を書くことは、大きな喜びで、(お金のためではなく)本当に好きでした仕事だった。

 この表現は、新約聖書の「テサロニケ人への手紙 第一」に出てきます。

We continually remember before our God and Father your work produced by faith, your labor prompted by love, and your endurance inspired by hope in our Lord Jesus Christ. (1 Thessalonians1:3)

絶えず、私たちの父なる神の御前に、あなたがたの信仰の働き、愛の労苦、主イエス・キリストへの望みの忍耐を思い起こしています。 (1テサロニケ 1:3)

 「信仰の働き」は、英語の該当箇所を直訳すると、「信仰によってもたらされた働き」で、信仰は当然行動に結びつく、ということです。今回のイディオムのもとになっている表現である、"your labor prompted by love"は「愛の労苦」と訳されていますが、"prompt"は"cause or bring about"、つまり「引き起こす」という意味ですので、少し変な言い方ですが、「愛の結果、もたらされた労苦」ということになります。「主イエス・キリストへの望みの忍耐」も少しわかりにくい日本語ですが、英訳を参照すると、「主イエス・キリストに対する望みによって生じた忍耐」で、新改訳聖書の注釈によると、「イエス・キリストの来臨を希望を持って待ち望むことから生じる忍耐」だそうです。

 "a labor of love"は、見返りを求めてする仕事ではなく、隣人に対する愛もしくは神に対する愛のために、喜んでする仕事、というのがもともとの意味だったのでしょう。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/15 22:08】 | イディオム | トラックバック(0) | コメント(0)
The Beatitudes(至福の教え)(5)
 "The Beatitudes"の最後の部分です。

Blessed are you when people insult you, persecute you and falsely say all kinds of evil against you because of me. Rejoice and be glad, because great is your reward in heaven, for in the same way they persecuted the prophets who were before you. (Matthew5:11-12)

私のために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。(マタイ5:11~12)



"insult"は英和辞典では普通、「侮辱する」と訳されていますが、"say or do something that is rude and offensive(失礼(無礼)で、人を怒らせるようなことを言う、またはする)"というのが本来の意味で、ここで、「ののしる」と訳されているのは適訳だと思います。「悪口を浴びせる」は、英語では、"say all kinds of evil against you"と訳されています。これは直訳すると、「あなたがたに対してあらゆる悪口を言う」ということです。そのようなとき、「あなたがたは祝福されている」と言うのです。

"rejoice"はここでは命令形です。これは"feel or show great joy or delight(大きな喜びを感じる、または示す)という意味ですので、日本語の「喜びなさい」とは少しニュアンスが違うような気がします。次の"be glad"も命令形で、「うれしいと思いなさい」という感じでしょうか。"because"以下は倒置構文で、普通の語順に直すと、"your reward in heaven is great."になります。「天国であなたがたがもらえる報酬は大きい」ということですが、"great"が強調されています。その次の"for"も理由を表し、「なぜなら」と訳せます。"in the same way(同様に)"は強調されて前に置かれていますが、通常の語順だと文の最後に置かれます。"they"はここでは不特定の人々を表します。過去の預言者たちも、ありとあらゆる悪口を言われたりして、あなたがたと同様に迫害された、ということです。

"The Beatitudes"は以上で終わりです。次回からは再び、聖書に由来するイディオムをいくつか取り上げる予定です。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/09 21:52】 | The Beatitudes | トラックバック(0) | コメント(0)
The Beatitudes(至福の教え)(4)

Blessed are the peacemakers,
for they will be called sons of God.
Blessed are those who are persecuted
because of righteousness,
for theirs is the kingdom of heaven. (Matthew5:9-10)

平和をつくる者は幸いです。 その人たちは神の子どもと呼ばれるから。
義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。(マタイ5:9~10)



日本語で「平和を作る者」と訳されている語は、英語では"peacemakers"になっています。"peacemaker"は、コウビルド英英辞典では次のように説明されています。

You can describe an organization, a country or a person as a peacemaker when they try to persuade countries or people to stop fighting or quarreling.

簡単に言いますと、争いや喧嘩を説得してやめさせようとする組織、国、または人を"peacemaker"と呼ぶ、ということです。つまり、ただ単に「平和を愛する」とか「争いを好まない」というのではなく、平和のために具体的な行動を起こす人が神様に祝福される、と教えられています。そのような人たちは、「神の子ども」と呼ばれます。

"righteousness"(義)は、The Beatitudes(2)でも出てきましたね。「迫害する」と訳される"persecute"は、"to treat someone cruelly and unfairly"という意味で、誰かを残酷に、かつ不当に扱うことです。正しいことのために不当な扱いを受けている人々は神様に祝福されており、"The Beatitudes"の最初に登場した"the poor in spirit(心の貧しい者)"と同様に、"the kingdom of heaven(天の御国)"の所有者となります。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/05 21:45】 | The Beatitudes | トラックバック(0) | コメント(0)
The Beatitudes(至福の教え)(3)
前回の続きの2節です。

Blessed are the merciful,
for they will be shown mercy.
Blessed are the pure in heart,
for they will see God. (Matthew 5:7-8)

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。
心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。(マタイ5:7~8)



"the merciful"は"merciful people"と言い換えることができます。"merciful"は名詞の"mercy"の派生語ですが、"mercy"の意味は、"compassion or forgiveness(同情、あるいは許すこと)"です。他人に同情し、あるいは許す人は、神から祝福されます。神は、そのような人に"mercy"を示す、とイエスは教えています。

「心のきよい者」は"the pure in heart"と訳されています。心が純粋、純真だということですね。そのような人たちは神を見る、と言われています。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/11/03 20:45】 | The Beatitudes | トラックバック(0) | コメント(0)
英語と日本語で聖書を読む


英語の聖書と日本語の聖書(新改訳)の両方について、私なりに理解したことや、聖句によって教えられたことなどを書いていくつもりです。読者の皆さんにとっては、英語の勉強にもなると思います。

プロフィール

crape myrtle

Author:crape myrtle
企業の英語研修や、成人対象の英会話クラスなどの講師をしています。2006年の4月から本格的に聖書を読み始めました。聖書は英語で読んだほうが日本語で読むよりも理解しやすい場合が多いような気がします。

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

クリック募金

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

内容がお気に召したら、押してください。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。